オンラインカジノは近年非常に人気となっており、日本からも多くの人が参加しており、実際にお金をかけて利益を上げていると言う人も多くなっています。
しかし日本では基本的に国が認めるギャンブル以外は禁止となっており、実際にカジノなどを行ってトラブルを起こすと言うケースも多くなっているのが実態です。
そのため基本的にカジノは禁止されていると言う意識が強いのですが、その中でオンラインカジノが認められているのには様々な理由があります。
まずほとんどのオンラインカジノはギャンブルが認められている国で運営されており、その国の法律に守られていると言う実態があります。
このような場合には日本の法律は適用できず、その国で認められている以上はこれを差し止めることができないと言うものです。
そのため、インターネットを経由して海外の人間がこのサービスを利用していると言った場合でも、あくまでもこれに参加する側に問題があると判断されることになり、そのためサーバー自体を停止することができません。
またインターネットを利用していると言う点も1つの大きな要素となっており、この場合には現在法律が整備されていないことから日本から海外のサーバーにアクセスをしても、これを取り締まることはできないと言う実態があります。
インターネットを利用した場合は様々な国によって扱いが異なっており、そのために利用できる環境がある場合にはこれを利用しても取り締まる法律がないと言う状況になっているのです。
そのため日本でカジノを行う事は禁止されていても、オンラインカジノの場合には海外に母体が存在しており、インターネットを経由してその場所にアクセスをしている事は、海外のカジノを訪れてゲームを楽しんでいるのと同じ扱いになっています。
例えば日本人がラスベガスやモナコなどを訪れ、その場所のカジノでゲームを行っても日本の法律では取り締まることができません。
これと同じようにインターネットを利用して海外のサーバーをカジノのゲームを行った場合でも、日本国内で行っていることにはならないため法律では処罰されないと言う仕組みになっています。
しかしここで注意すべき事は、実際に過去にオンラインカジノを利用して処罰されたであることです。
海外にサーバーが設置されていても、日本人向けにサービスを提供していた場合にはこれは日本の国内で行っていたのと同じとみなされ、これを行っていた主催者や顧客などが摘発されると言う例がありました。
この場合には設置場所が海外と言うだけで、あくまでも日本人向けに行っていたと言うことで日本国内で行っているのと同じと解釈され、摘発されたと言うことになっています。
そのため、法律の解釈では、海外にサーバーがあれば良いと言うものではなく、あくまでも主催者が海外のものであることや、その国がカジノを認めていると言う前提があると言うのが条件と考えられます。
このような例から、インターネット上の様々な問題は現在の法律が追いついておらず、基本的には法律で認められていると言うよりは容認されていると言う解釈が正しいと考えられる面もあります。
インターネットの利用は国境を越えるものであり、同時に国毎の境界がないと解釈されるものでもあるのです。
そのため、その利用には十分に注意をすることが必要となっています。
安全に利用するためのポイントは、そのサイトが国レベルでの印象を受けているかどうかと言う点にあります。
多くの場合にはそれぞれ安全性を確保するためにそれぞれの国の認証を取得しており、それぞれの国が認めたサイトであることが前提です。
この認証制度は安全性と公平性を証明するものであるため、それぞれの国が厳格な審査を行い、その審査に合格したところだけが認証をかけることができる仕組みとなっているため、結果的にそれぞれの国に守られていることになります。
このような認証を受けている場合には、日本ではその国が運営していると認められるものとなっているため、日本人向けのサービスを行っていたとしてもこれが日本の法律に抵触しているとすることができません。
多くのサイトはこの認証を取得することで国の認めたものとなっており、これで日本人が参加しても大きな問題とはならないのが実態となっています。
しかし認証を受けていないサイトの場合には、その国の認可がないと言う状況であるために、このような場合には日本では法律に抵触していると判断される場合があり、十分に注意が必要です。
このような場合には運営をしている当事者だけではなく、これを利用している利用者も処罰されてしまうことになる可能性もあり十分に注意をしなければなりません。
オンラインカジノは日本からも多くの人が参加するものもなっていますが、これはあくまでも日本側が認めていると言うものではなく、日本の法律では対応できないものとなっていることが大きな原因です。